解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

破産したら携帯電話を手放さなければならないと誤解していました。

離婚後、幼い子供を育てながら正社員として働くことは難しく、パートを続けていました。しかし、収入は安定せず、少しずつ借入れを行うようになりました。家事・育児・仕事に追われる日々が続き、体調を壊し、収入も減ってしまいました。生活のための借入れが増え、気付いた時には借金は600万円を超えていました。 いよいよ目の前の返済すら難しくなり、何とかしなければと思っているのですが、インターネットで調べていると、破産をするとローンを組んで物を購入できなくなるそうです。ついこの前、携帯が壊れて分割で新しい機種を購入したばかりなのですが、この携帯も手放さなくてはいけないのでしょうか。新しい機種を一括で買うような余裕は全くありません。

夫の会社が倒産!やむを得ずに妻が借金したが返済できずに破産を決意。

家計を支えてくれていた夫の会社が倒産し、突然収入がなくなりました。なんとかしようと私もパートを始めたのですが、これまで通りの収入を維持することはできず、生活費の為に借入れを始めるようになりました。 夫はなんとか再就職できたのですが、以前よりかなり収入が下がってしまい、借り入れに頼る生活は続きました。いつの間にか、私の借金は200万円を超えていました。実は、夫はローンで自動車を購入しているのですが、自宅が交通の便が悪いところにあり、自動車を手放すことはどうしても避けたいのです。私だけでも何とかならないかと考え、弁護士に相談することにしました。

住宅ローンを払えません。家を売って破産手続を決断

結婚していた頃に住宅ローンを組んで家を購入しました。離婚してからも私が一人で住んでいたため住宅ローンを払い続けていたのですが、日給月給制の仕事をしており、収入はずっと不安定でした。更に、年齢もあがってきたことから、最近の収入は以前に比べかなり減少しています。 住宅ローンで毎月10万円ほど支払っているのですが、正直今後も支払を継続していく自信はありません。実際、収入が20万円を切る月もあるため、そのような月はローンの支払いが滞ってしまいます。住宅ローン以外の借金は60万円ほどしかないのですが、このような状態でも債務整理はできるのでしょうか。

妻が払っていると思っていた住宅ローンの滞納が発覚!家を売却して破産

結婚してから住宅ローンを組んで自宅を購入しました。私は仕事で家を空けることが多かったため、住宅ローンの支払いは妻に任せており、きちんと支払ってくれているものと信じて疑いませんでした。しかし、離婚した後、妻が住宅ローンの支払いを延滞させていたことを知りました。住宅ローンの負担もばかにならないので、家を売却することにしました。 そこまで古い家ではなかったため、住宅ローンの残額を支払っても手元にいくらか残せるだろうと思っていたのですが、予想に反し、家を売却しても債務が800万円以上残ってしまいました。予想が外れ、大きな借金を背負うことになり、どうしてよいか分からず、弁護士に相談しました。

ご夫婦が債務整理の手続きをとって、借金を減免して、マイホームを維持することができました。

結婚してもしばらくは賃貸の家に住んでしましたが、家賃分の支出で住宅ローンを組めると考え、思い切ってマイホームを購入しました。通勤の為にローンを組んで自動車を買ったり、引っ越し費用での支出が増え,借入れが始まりました。 妻の出産後は子供のための支出が増え、私だけでなく、妻名義でも借入れを行うようになりました。気付けば、住宅ローン以外での借金は600万円ほどになり、妻の借入れも500万円に達しようとしていました。毎月の返済は、1か月、2か月と遅れはじめ、住宅ローンだけは何とか払い続けなければと思っているのですが、まだ2500万円ほど残っているため、このままでは払えなくなる日も近そうです。 少しでも返済を減らしたいので、不動産等大きな財産を持っていない妻の債務整理を進めるべきかと思い、弁護士に相談しました。

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中