解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

20代 女性 任意整理 アイフル、楽天カード等他 計6社

事案の概要

家族が大病をしたことから、生活費を賄うために複数社から借入を行った。生活を切り詰めて何とか返済を続けてきたが、いよいよ返済の目途が立たなくなった。一度は破産も検討したが、親戚が奨学金の保証人になっており、迷惑をかけることだけは絶対に避けたい。何とかならないかと弁護士に相談。

結果

保証人がついている奨学金債権には介入せず、その他の債権者について任意整理を行うことに。 その結果、毎月約11万円ずつ返済していたところ、将来利息をカットしたうえ毎月約5万5000円の支払いに減額。

弁護士からのアドバイス

法的整理を取ると、全ての債権者に介入しなければなりません。そのため、奨学金や住宅ローン等に保証人がついている場合、その保証人は債権者から保証債務を履行するよう求められることになります。 一方、任意整理の場合、介入する債権者を選ぶことができますから、保証人には絶対に迷惑をかけたくないという場合には、保証人をつけた債権者を避けて任意整理を行うことで、保証人に影響を及ぼすことなく、ご自身の債務の負担を軽減させることができます。

その他の解決事例

自宅に突然訴状が!?給料の差し押さえを回避!

以前、病気をした親の治療費のため、数社から借入れを行いました。毎月きちんと支払いを続けていたので、ほぼ全ての借金を返し終わりました。1社だけ債務が数万円残っていたのですが、生活が厳しくなったこともあり、少額だし、余裕ができてから返そうと、数年間放置していました。 ある日、自宅に裁判所から書類が届きました。嫌な予感がして中身を見ると、案の定残りの債権者から「20万円を返せ」という訴訟を起こされていました。残りは10万円もなかったはずなのに、数年間放置している間に20万円に膨れ上がっていました。突然返せと言われても返せる額ではなく、インターネットで調べると、訴訟を放置すると財産を差し押さえられるという記事まで見つかりました。訴訟に対応したくても、一体何から手をつければいいのか、何をすればいいのか、全く分かりません。

任意整理

2億円超えの負債を法人破産によりゼロに。自宅も維持。

照明器具の製造・販売をしていたが,市場(マーケット)の縮小により,取引先からの受注が減少し,売上が低下した。再建のための努力も叶わず,負債は2億円を超え,資金繰りに窮したことから,破産申し立てに至る。法人代表者も借り入れについて連帯保証人になっていたため,併せて個人破産の申し立てに至る。

任意整理

相続した不動産を守って借金を整理できました!

夫と離婚をして生活を立て直すために、複数の会社から借入れをしていました。 しかし、徐々に返済が増え、月々の返済が8万円に近づいていき、日々の収入では返済をすることが困難となってきました。 相続をした不動産があり、今暮らしている住居でもあるので、不動産を守って月々の返済することができないかを相談をして,法律事務所に依頼するに至りました。

任意整理

夫がリストラの時に作った借金を破産と任意整理で解決!

消費者金融等から借入れをしていましたが、リストラになったときに返すことができず長期間借金を支払わずにいたことがありました。これまでは、分割和解にて支払っていたものの、転職等が上手くいかず、徐々に借金が膨らんでいきました。夫婦での借金が700万円をこえてしまい、債権者からの通知や裁判所から訴状などが届くようになり、債務整理を相談するに至りました。

任意整理

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中