解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

50代 夫婦

事案の概要

消費者金融等から借入れをしていましたが、リストラになったときに返すことができず長期間借金を支払わずにいたことがありました。これまでは、分割和解にて支払っていたものの、転職等が上手くいかず、徐々に借金が膨らんでいきました。夫婦での借金が700万円をこえてしまい、債権者からの通知や裁判所から訴状などが届くようになり、債務整理を相談するに至りました。

結果

夫の約700万円の負債を破産手続きで0円とすることができました。 妻の50万円の負債は、任意整理で解決することができました。

弁護士からのアドバイス

リストラにあってしまい、借金の返済ができなくなる。借金の返済ができていない間に膨れ上がってしまうといったことになるかたも決して少なくありません。 ある程度の期間、放置していた借金を請求された場合には、それが時効となっていないかを法律事務所等を通じて確認するとよいでしょう。 貸金業者であるのか、信用金庫であるのか、裁判所の手続きが経られているか等を確認することが必要となります。法改正等の影響を受ける場合もあり得ます。 消滅時効や今後の返済原資等を考慮しても、借金の支払いが難しい等の事情がある場合には、破産手続や再生手続を選択することも必要となってきます。 リストラのときに支払えなかった貸金を請求された場合等には、当事務所にぜひ当事務所にご相談ください。

その他の解決事例

情報商材やFXで作った借金の破産が認められました!

教育費でお金がかかってしまい、キャッシングやショッピングを様々なカードで利用するようになっていました。徐々に返済が困難になってしまい、FXで利益が上げられるよう投資用のお金や情報商材を購入することで、500万円以上を使ってしまいました。これまでに作った謝金やFXや情報商材で作った借金で総額が約1000万円にも及んでしまったため、どうすることもできないと思い、法律事務所に相談するに至りました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

自動車を失うことなく、借金を整理することができました!

子供の教育費で多くのお金がかかってしまい、足りない部分を借入金などで補ってきました。 いつのまにか借入金が500万円を超えてしまい、自動車を除いても、月々の返済が約15万円に及んでしまい、このままでは生活ができないと思って相談するに至りました。 しかし、子供のためにも自動車は残したいですし、家族が連帯保証人であるため、家族に迷惑をかけることができないので、自動車を残す方法をお願いしました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

住宅ローンの残債務1400万円が、破産によって債務が0円に。

婚姻中に、自身の名義で住宅ローンを組みマンションを購入。 離婚後、依頼者が家を出た後は、元配偶者がローンを支払い続けていたが、支払いができなくなり家が競売にかけられた。 突然、競売後の残債務約1400万円を支払えという請求が来てパニックに。どうして良いか分からず弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

新しい家族と再出発するために、破産手続きを決意しました!

数年前に夫と離婚しましたが、自分の収入だけでは結婚当時の借金を返済できません。 結婚当時、私は専業主婦で、夫の収入のみで生活していました。夫から毎月の生活費を受け取っていたのですが、毎月渡されるのは少額で、とても家計のやりくりをできる額ではありませんでした。夫には、「生活費が足りないのならカードを作ればいい」と言われ、比較的審査の通りやすいカード会社で、クレジットカードを作成しました。パートも始めましたが、高齢の親の介護もあり、満足のいく収入を得ることはできませんでした。 この生活に耐え兼ね夫とは離婚し、現在は再婚を考えています。再婚予定の男性と同居していますが、彼は私の借金のことを知りません。新たな生活を始めるにあたり、借金をなんとかしたいのですが、借金総額は400万円以上になっており、彼には知られたくありません。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中