大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

会社員 30代 女性

事案の概要

仕事のストレスからホストクラブにはまってしまい、短期間に1200万円以上の借金を作ってしまいました。とても支払える金額ではありませんし、家族や会社の人にホストクラブに通って借金を作ってしまったことを知られることが恥ずかしく思い、どうしたらよいのかと思って、法律事務所に相談するに至りました。

結果

1200万円程度の借金を個人再生手続きで240万円程度とすることができました。

弁護士からのアドバイス

ホストクラブやキャバクラは、収入の範囲内で遊ぶ程度であればよいものの、ストレスからはまり込んでしまって多額にお金を使ってしまうことは誰にでもあり得ることです。 また、ホストクラブやキャバクラは、お客様が気持ちよくお金を使うことができるようサービスが洗練されているので、多額のお金を使ってしまうことも仕方がない部分があります。 過去の事情は変えることはできないので、これからの生活を再建するためにどのようにしていったらよいのかを考えることが大切となるでしょう。 金額や頻度、財産の状況によっては、破産手続きを選択することもあり得ます。 しかし、就かれている職業や退職金、保険等の財産を検討し、再生手続を選択することとなりました。 退職金を調べることについて、会社に発覚してしまうのではないかと不安に思われる方おられますが、弁護士の指導のもとで、会社に発覚することなく手続きを無事に終えられている方も数多くいます。 ホストクラブやキャバクラ等で人に言いにくいことで借金をされた方も、弁護士に依頼することで、あなたに合わせた最適な解決方法を検討することが出来ます。お困りのことがありましたら、是非当事務所にご相談、ご依頼ください。

その他の解決事例

500万円近い過払い金が返ってきました。

会社員の現役時代には、会社の営業のために借金をして交際費を賄っていたことがありました。 借金については、5年ほど前に返済し終えたのですが、テレビCMでよく見る過払い金がないのかを思い、相談をするに至りました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

何が何でも家族に秘密!こっそり任意整理で毎月の支払い額が3分の2に

私は、自宅で高齢の母の介護をしています。兄弟も一緒に暮らしており、母の生活費含め、各自が生活に必要な支出を折半しています。 私も、自分の収入から水道光熱費や食費等を負担していたのですが、収入が減り、食費をまかないきれなくなりました。兄弟の負担は私よりも大きいため、「足りない」とは言い出せず、黙って借入れを始めました。いつの間にか借金は250万円になっていました。 ただでさえ負担をかけている兄弟に、私の借金のことで更に迷惑をかけることはできません。破産した方が楽だと分かっているのですが、絶対に家族には知られたくありません。何か良い方法はないのでしょうか。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

信用情報に事故情報が登録されていたので、信用情報から消すために時効援用をしました。

20代の頃、友人と飲みに行ったり、ショッピングをする際は、クレジットカードで支払いをしていました。軽い気持ちでカード払いを継続し、リボ払いにしていたため、いつの間に限度額に達し、別のカードを作ってそちらでショッピングを続ける等、今思うと買い物依存症だったのかもしれません。 その後、病気をして入院することになり、バタバタして返済のことをすっかり忘れていました。1社から「一括で支払え」との通知書は届いていたのですが、かなり前のことだし…と思い放置していました。 ところが、最近になって審査が通らずクレジットカードを作成できないことが数回ありました。借金が原因だとは思うのですが、どうしたら良いのか分かりません。追い打ちをかけるように、別の債権者からも一括支払いの請求書が届き、パニックです。とてもではないですが、一括で支払う余裕はありません。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

支払不能状態にあったため、自己破産を選択。 600万円の返済義務が免責(借金が免除)された。

夫婦ふたりの収入をベースに住宅ローンを組み、返済を継続していた。 しかし、自宅購入から10年後に離婚することになった。 自身の収入のうち半分が住宅ローンの返済に費消されてしまい、生活費を圧迫。 任意売却にて自宅を売却するも、全額完済することはできずに、600万円ほどの借金が残った。 債権者から一括返済を求められ、弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中