解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

50代 夫婦

事案の概要

住宅ローンの支払をしていたものの、会社の事業縮小で収入が下がり、教育費での支払いが膨らみ、徐々に借金が膨らんでいきました。妻も借入をしていて、このままでは支払ってはいけないと思い、住宅を手放すことになりました。住宅については、夫婦で連帯保証になっており、住宅を手放しても、住宅ローンの残債務が、900万円以上残り、夫婦で総債務が2000万円にも及びました。 このままでは生活が立ち行かないと思い、法律事務所に相談をすることになりました。

結果

2000万円の負債を破産手続きで0円とすることができました。

弁護士からのアドバイス

住宅ローンを組んだ際に、夫婦で連帯保証を組んでいた場合には、片方だけが破産をしても、もう片方の債務が残ってしまうこととなります。 今回の案件では、借金の金額は多額であったものの、借金の原因は住宅ローンや教育費、事業縮小等の事情があり、浪費行為がないことを説明し、同時廃止にて手続きを認められました。 夫婦において、破産と再生等の別の手続きを取ることもあり得ます。 当事務所では夫婦双方の破産や単独の債務整理手続きを数多く扱っておりますので、どのような方針が最も適切かについて是非当事務所に相談ください。

その他の解決事例

次の仕事が見つかるまで返済を待ってもらい、支払える金額での分割払いの和解。

職場を退職することにより借金を返すことができなくなりました。 自分のせいでできた借金なので返していきたいのですが、次の仕事ができるようになるまで借金を待ってもらうことはできないのでしょうか。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

保証人がついている奨学金債権には介入せず、その他の債権者について任意整理

家族が大病をしたことから、生活費を賄うために複数社から借入を行った。生活を切り詰めて何とか返済を続けてきたが、いよいよ返済の目途が立たなくなった。一度は破産も検討したが、親戚が奨学金の保証人になっており、迷惑をかけることだけは絶対に避けたい。何とかならないかと弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

ギャンブルや課金ゲームでの約570万円の借金を180万円まで減らし、住宅をのこすことができました。

数年前に憧れのマイホームに家族と住むために住宅ローンを組みました。しかし、仕事のストレスなどから、パチンコや競艇等のギャンブルにのめり込むようになりました。また、スマートフォンでの課金をするようになり、気が付けば、借金が500万円を超えるようになりました。おまとめローンを利用するなどして何とか返していこうと思ったものの、このままでは住宅ローンの支払いもできなくなると思い、弁護士に相談するに至りました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

ご夫婦が債務整理の手続きをとって、借金を減免して、マイホームを維持することができました。

結婚してもしばらくは賃貸の家に住んでしましたが、家賃分の支出で住宅ローンを組めると考え、思い切ってマイホームを購入しました。通勤の為にローンを組んで自動車を買ったり、引っ越し費用での支出が増え,借入れが始まりました。 妻の出産後は子供のための支出が増え、私だけでなく、妻名義でも借入れを行うようになりました。気付けば、住宅ローン以外での借金は600万円ほどになり、妻の借入れも500万円に達しようとしていました。毎月の返済は、1か月、2か月と遅れはじめ、住宅ローンだけは何とか払い続けなければと思っているのですが、まだ2500万円ほど残っているため、このままでは払えなくなる日も近そうです。 少しでも返済を減らしたいので、不動産等大きな財産を持っていない妻の債務整理を進めるべきかと思い、弁護士に相談しました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中