大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

50代 夫婦

事案の概要

住宅ローンの支払をしていたものの、会社の事業縮小で収入が下がり、教育費での支払いが膨らみ、徐々に借金が膨らんでいきました。妻も借入をしていて、このままでは支払ってはいけないと思い、住宅を手放すことになりました。住宅については、夫婦で連帯保証になっており、住宅を手放しても、住宅ローンの残債務が、900万円以上残り、夫婦で総債務が2000万円にも及びました。 このままでは生活が立ち行かないと思い、法律事務所に相談をすることになりました。

結果

2000万円の負債を破産手続きで0円とすることができました。

弁護士からのアドバイス

住宅ローンを組んだ際に、夫婦で連帯保証を組んでいた場合には、片方だけが破産をしても、もう片方の債務が残ってしまうこととなります。 今回の案件では、借金の金額は多額であったものの、借金の原因は住宅ローンや教育費、事業縮小等の事情があり、浪費行為がないことを説明し、同時廃止にて手続きを認められました。 夫婦において、破産と再生等の別の手続きを取ることもあり得ます。 当事務所では夫婦双方の破産や単独の債務整理手続きを数多く扱っておりますので、どのような方針が最も適切かについて是非当事務所に相談ください。

その他の解決事例

個人再生を検討するも自己破産を選択。 300万円の返済義務が免除された。

個人事業主(自営業)として、投資用不動産の販売の仲介を業としていた。 販売エリアは本州全域であるところ、出張費用や接待費用は自身で負担しなければならなかった。 業績が徐々に悪化し、売上を回復させようと接待を重ね、借入額が増加。借金総額は300万円に至る。 資金繰りに苦慮し、債権者から一括返済を求められたため、弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

残債務は約500万円であったが消滅時効の援用を行い、残債務は0円に消滅となった。

突然債権回収業者から督促の電話がかかってきた。 すっかり忘れていたのだが、何年も前に任意整理を行ったものの、支払いが滞っていたことから、その返済を促す電話だったらしい。 どこに借り入れを行ったか、いくらくらい残債務が残っているのかさえ覚えておらず、弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

ホストクラブで作った借金を再生手続き(債務整理)で減額され、返済できました!

仕事のストレスからホストクラブにはまってしまい、短期間に1200万円以上の借金を作ってしまいました。とても支払える金額ではありませんし、家族や会社の人にホストクラブに通って借金を作ってしまったことを知られることが恥ずかしく思い、どうしたらよいのかと思って、法律事務所に相談するに至りました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

数百万円あった借金は消滅時効で0円となりました。

亡くなった夫の対する催告書が届くようになっていました。相続放棄もしていないので、多額の借金を返さなければならないのか、どうすればよいのかと思い相談をするに至りました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中