解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

50代 夫婦

事案の概要

住宅ローンの支払をしていたものの、会社の事業縮小で収入が下がり、教育費での支払いが膨らみ、徐々に借金が膨らんでいきました。妻も借入をしていて、このままでは支払ってはいけないと思い、住宅を手放すことになりました。住宅については、夫婦で連帯保証になっており、住宅を手放しても、住宅ローンの残債務が、900万円以上残り、夫婦で総債務が2000万円にも及びました。 このままでは生活が立ち行かないと思い、法律事務所に相談をすることになりました。

結果

2000万円の負債を破産手続きで0円とすることができました。

弁護士からのアドバイス

住宅ローンを組んだ際に、夫婦で連帯保証を組んでいた場合には、片方だけが破産をしても、もう片方の債務が残ってしまうこととなります。 今回の案件では、借金の金額は多額であったものの、借金の原因は住宅ローンや教育費、事業縮小等の事情があり、浪費行為がないことを説明し、同時廃止にて手続きを認められました。 夫婦において、破産と再生等の別の手続きを取ることもあり得ます。 当事務所では夫婦双方の破産や単独の債務整理手続きを数多く扱っておりますので、どのような方針が最も適切かについて是非当事務所に相談ください。

その他の解決事例

住宅ローンの残債務1400万円が、破産によって債務が0円に。

婚姻中に、自身の名義で住宅ローンを組みマンションを購入。 離婚後、依頼者が家を出た後は、元配偶者がローンを支払い続けていたが、支払いができなくなり家が競売にかけられた。 突然、競売後の残債務約1400万円を支払えという請求が来てパニックに。どうして良いか分からず弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

保証人がついている奨学金債権には介入せず、その他の債権者について任意整理

家族が大病をしたことから、生活費を賄うために複数社から借入を行った。生活を切り詰めて何とか返済を続けてきたが、いよいよ返済の目途が立たなくなった。一度は破産も検討したが、親戚が奨学金の保証人になっており、迷惑をかけることだけは絶対に避けたい。何とかならないかと弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

支払不能状態にあったため、自己破産を選択。 2000万円の返済義務が免責(借金が免除)された。

法人を経営する夫が事業規模拡大をするために融資を受けるにあたり、妻であった依頼者が連帯保証人になった。 また、子の成長もあったことから、自宅を購入することになり、住宅ローンの連帯保証人にもなった。 しかし、リーマンショックの影響もあり、夫の法人の業績は急激に悪化して倒産。 連帯保証人であった依頼者は住宅ローン会社から2000万円の一括請求を受け、弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

アイフルから過払金387万円の回収に成功!

昭和63年ころから、アイフル株式会社から生活費の借入としては返済を繰り返していました。最近まで返済を続けていたため、もしかしたら過払い金があるのではないかと思い、過払い金の調査を依頼しました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中