解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

パート 30代 女性

事案の概要

家計を支えてくれていた夫の会社が倒産し、突然収入がなくなりました。なんとかしようと私もパートを始めたのですが、これまで通りの収入を維持することはできず、生活費の為に借入れを始めるようになりました。 夫はなんとか再就職できたのですが、以前よりかなり収入が下がってしまい、借り入れに頼る生活は続きました。いつの間にか、私の借金は200万円を超えていました。実は、夫はローンで自動車を購入しているのですが、自宅が交通の便が悪いところにあり、自動車を手放すことはどうしても避けたいのです。私だけでも何とかならないかと考え、弁護士に相談することにしました。

結果

破産手続を取り、200万円の借金がゼロになりました。

弁護士からのアドバイス

生活費が不足して借金をせざるを得なくなったというケースでは、ご夫婦のそれぞれが借入を行っていることがほとんどでしょう。旦那様がローンで自動車を購入している、旦那様名義で住宅ローンを組んでいる等の理由で、奥様だけ債務整理手続を取りたいというご相談を受けることも多いです。 確かに、旦那様の借金が自動車ローンだけ、住宅ローンだけという場合には、奥様のみ債務整理手続を取れば十分だという可能性もあります。一方、旦那様も相当程度の借金を抱えておられるという場合は、生活を立て直すにはご夫婦揃っての債務整理手続が不可欠かもしれません。 ご夫婦の借金問題でお困りの方は、ご夫婦の一方だけが債務整理手続を取れば足りるのか、双方の手続きが望ましいのか、また、どういった手続きを取るのがベストなのか、現在の不安を解消するためにも、弁護士にご相談ください。

その他の解決事例

債権者から督促がなくなって,利息がゼロになりました。

私は、消費者金融3社から合計して200万円を借りていました。毎月毎月少しづつ無駄遣いをやめることができずに借金に手を出してしまいました。気づけば200万円も借りてしまっていて、毎月返済をしても、利息分の返済が精一杯でした。 毎月お金を借りては返し、借りては返しを繰り返すうちに、頭の中はお金のことでいっぱいになっていました。 本当に、このまま借金して返済して、を繰り返す日々がずっと続くと思うと地獄のようでした。 そんなとき、任意整理をすれば利息がゼロになるかもしれないということを聞いて、田中先生にご相談しました。

今月の借金を返せないがどうしよう?

住宅ローンを払えません。家を売って破産手続を決断

結婚していた頃に住宅ローンを組んで家を購入しました。離婚してからも私が一人で住んでいたため住宅ローンを払い続けていたのですが、日給月給制の仕事をしており、収入はずっと不安定でした。更に、年齢もあがってきたことから、最近の収入は以前に比べかなり減少しています。 住宅ローンで毎月10万円ほど支払っているのですが、正直今後も支払を継続していく自信はありません。実際、収入が20万円を切る月もあるため、そのような月はローンの支払いが滞ってしまいます。住宅ローン以外の借金は60万円ほどしかないのですが、このような状態でも債務整理はできるのでしょうか。

今月の借金を返せないがどうしよう?

破産手続きをとることで、2000万円近い債務を0円にすることができました

元夫が行っていた事業の連帯保証人になったばかりに、離婚後も債権者から催告書や裁判所からの差押の書面が来るなど、自分ではどうしようもない状態となっていました。2000万円もの借金は、パートでのわずかな収入しかない私ではとても返すことができません。 子供がいる中で家に差し押さえに来られるのではないかと思うと、日々の生活が不安でたまりません。

今月の借金を返せないがどうしよう?

離婚後に元夫が住宅ローンを滞納。破産手続きで解決できました!

数年前に、夫婦関係が悪化して離婚するに至り、公正証書にて、住宅ローンの支払いは元夫が支払っていくことで安心していました。 ところが、元夫が借金を払うことができず、住宅ローンの連帯保証人になっていたとして、一括請求がされました。住宅ローンは元夫が支払うことになっていたのにこのようなことになってしまい、どうすればよいかと思い相談することになりました。

今月の借金を返せないがどうしよう?

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中