解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

会社員 60代 男性

事案の概要

結婚していた頃に住宅ローンを組んで家を購入しました。離婚してからも私が一人で住んでいたため住宅ローンを払い続けていたのですが、日給月給制の仕事をしており、収入はずっと不安定でした。更に、年齢もあがってきたことから、最近の収入は以前に比べかなり減少しています。 住宅ローンで毎月10万円ほど支払っているのですが、正直今後も支払を継続していく自信はありません。実際、収入が20万円を切る月もあるため、そのような月はローンの支払いが滞ってしまいます。住宅ローン以外の借金は60万円ほどしかないのですが、このような状態でも債務整理はできるのでしょうか。

結果

自宅を任意売却し、代金をローンの残額に充当したところ、住宅ローン債務は900万円程残りました。このローンも破産手続にのせることで、1000万円程あった借金がゼロになりました。

弁護士からのアドバイス

結婚していた頃は、夫婦の収入があったから住宅ローンを支払っても十分生活できていた。若いころは体力があったので十分収入があったが、肉体労働のため年齢があがってからは収入を維持するのが難しくなった。 こういった理由で住宅ローンの支払いが難しくなったという方は少なくありません。 高額な住宅ローンを払い続けるより、安い賃貸住宅に引っ越した方がいいかも…と薄々は思っていても、家をどのように売ればいいのか、売った後にローンが残った場合はどうすればいいのか、分からずに悩んでいるという方はおられませんか? 住宅ローンの支払いに悩んでおられる方は、是非一度弁護士にご相談ください。

その他の解決事例

ホストクラブで作った借金を再生手続き(債務整理)で減額され、返済できました!

仕事のストレスからホストクラブにはまってしまい、短期間に1200万円以上の借金を作ってしまいました。とても支払える金額ではありませんし、家族や会社の人にホストクラブに通って借金を作ってしまったことを知られることが恥ずかしく思い、どうしたらよいのかと思って、法律事務所に相談するに至りました。

今月の借金を返せないがどうしよう?

破産手続きをとることで、2000万円近い債務を0円にすることができました

元夫が行っていた事業の連帯保証人になったばかりに、離婚後も債権者から催告書や裁判所からの差押の書面が来るなど、自分ではどうしようもない状態となっていました。2000万円もの借金は、パートでのわずかな収入しかない私ではとても返すことができません。 子供がいる中で家に差し押さえに来られるのではないかと思うと、日々の生活が不安でたまりません。

今月の借金を返せないがどうしよう?

支払不能状態にあったため、自己破産を選択。 1500万円の返済義務が免責(借金が免除)された。

持病が原因で退職せざるをえない状況に追い詰められた。 治療に専念し、一度は社会復帰するも、再発して再び退職せざるをえない状態になった。 必然的に生活費が不足し、その不足分を補うために金融機関からの借入を繰り返す。 妻とも離婚することになり、住宅ローンも払えなくなったため、弁護士に相談。

今月の借金を返せないがどうしよう?

生活保護を受給していたため、自己破産を選択。 300万円の返済義務が免除された。

障害をもつ子の監護養育が原因で育児ノイローゼとなり、浪費を繰り返す日々を送っていた。生活保護費だけでは生計を維持できず、借入を繰り返したことで、借入額が増加。 生活保護受給者であることを債権者に知られ、極度額を引き下げされてしまい、 資金繰りがショートしたため、弁護士に相談。

今月の借金を返せないがどうしよう?

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中