大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

40代 男性 個人再生(セディナ、楽天カード等) 40代 女性 破産

事案の概要

結婚してもしばらくは賃貸の家に住んでしましたが、家賃分の支出で住宅ローンを組めると考え、思い切ってマイホームを購入しました。通勤の為にローンを組んで自動車を買ったり、引っ越し費用での支出が増え,借入れが始まりました。 妻の出産後は子供のための支出が増え、私だけでなく、妻名義でも借入れを行うようになりました。気付けば、住宅ローン以外での借金は600万円ほどになり、妻の借入れも500万円に達しようとしていました。毎月の返済は、1か月、2か月と遅れはじめ、住宅ローンだけは何とか払い続けなければと思っているのですが、まだ2500万円ほど残っているため、このままでは払えなくなる日も近そうです。 少しでも返済を減らしたいので、不動産等大きな財産を持っていない妻の債務整理を進めるべきかと思い、弁護士に相談しました。

結果

妻の破産手続をとるだけではなく、私自身も個人再生手続きをとりました。その結果、妻の借金はゼロになり、私の600万円あった借金は約120万円に減額されました。その一方で、住宅ローンだけはこれまで通り支払い続けることで、家を手放さずに済みました。

弁護士からのアドバイス

生活のためにご夫婦で借金をしてしまった場合、ご夫婦そろって債務整理手続をとることをお勧めします。ご夫婦の場合、どちらかの名義で住宅ローンを組んでいることも少なくありません。 せっかく購入したマイホームですから、手放したくないと考えるのが通常です。そのような方は、個人再生手続きをとり、住宅ローン債権者と、今後も約定通り支払うという約束を取り交わした上で、住宅ローン以外の借金のみ、減額させるという手続きを選択することができます。 中には、住宅ローンを組んでいる銀行で、住宅ローンとは別の借入れがあるので、結局住宅ローンだけ特別扱いしてもらえないのでは?と質問を受けることもあります。一概には言えませんが、住宅ローンと他の債権を分けて処理してくれる債権者も多いですから、諦める必要はありません。 財産を残したい、でも残せるか分からないという不安をお持ちの方は、一度弁護士にご相談ください。

その他の解決事例

カーローン等での総額450万円の借金を破産手続で解決できました!

会社に就職したことを契機に、無理な自動車ローンを組んでしまい、月々の返済が大変な状態となっていました。一度、他の事務所で任意整理を組んで支払いをしていたものの、無職になってしまい、返済をすることができないため、何とかしなければと思い、法律事務所に相談するに至りました。

個人再生

株式投資とFX投資に失敗して、2年で1000万円以上の借金ができましたが、個人再生をして、借金が200万円に減額されました。

同僚に勧められて株を始めました。この当時は貯金があったので、貯金を使って株式を購入していたのですが、すぐにお金が倍になり、嬉しくなって株式投資を続けてしまいました。しかし、1年くらい経った頃から徐々に利益がでなくなり、貯金も底をついたので、消費者金融から借入れを行って何とか損失を回復しようとしました。 やがて、借入れだけでは損失を埋めるだけの投資ができず、FXを始めるようになりました。 しかし、FXでは全くと言って良いほど利益が出ず、それでも、いつか利益が出るだろうとやめられず、借入先を増やし、更に生活費も全てFXにつぎ込みました。 「もうダメだ」と冷静になった時には手遅れで、投資が原因の借金は1000万円を超えていました。インターネットで調べると、私のようなケースでは破産が難しいと書かれており、どうして良いのか分かりません。また、私は公務員なので、破産することで仕事に影響がでるのではないかと不安です。このまま、毎月の給料のほぼ全てを返済に当て続けなければいけないのでしょうか。

個人再生

個人再生を検討するも自己破産を選択。 300万円の返済義務が免除された。

個人事業主(自営業)として、投資用不動産の販売の仲介を業としていた。 販売エリアは本州全域であるところ、出張費用や接待費用は自身で負担しなければならなかった。 業績が徐々に悪化し、売上を回復させようと接待を重ね、借入額が増加。借金総額は300万円に至る。 資金繰りに苦慮し、債権者から一括返済を求められたため、弁護士に相談。

個人再生

支払不能状態にあったため、自己破産を選択。 200万円の返済義務が免除された。

子の教育費や課外活動費の負担は年々増加する一方で、夫の収入が低下。 自身もパート勤務して収入を補おうとするも、それでも生活費が不足する状態が続いた。 そこで、やむなく夫には秘密(内緒)で借入をして生活費を工面するも、資金繰りがショートし、借金の額は200万円を超えた。そこで、弁護士に相談に至る。

個人再生

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中