解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

40代 男性 個人再生(セディナ、楽天カード等) 40代 女性 破産

事案の概要

結婚してもしばらくは賃貸の家に住んでしましたが、家賃分の支出で住宅ローンを組めると考え、思い切ってマイホームを購入しました。通勤の為にローンを組んで自動車を買ったり、引っ越し費用での支出が増え,借入れが始まりました。 妻の出産後は子供のための支出が増え、私だけでなく、妻名義でも借入れを行うようになりました。気付けば、住宅ローン以外での借金は600万円ほどになり、妻の借入れも500万円に達しようとしていました。毎月の返済は、1か月、2か月と遅れはじめ、住宅ローンだけは何とか払い続けなければと思っているのですが、まだ2500万円ほど残っているため、このままでは払えなくなる日も近そうです。 少しでも返済を減らしたいので、不動産等大きな財産を持っていない妻の債務整理を進めるべきかと思い、弁護士に相談しました。

結果

妻の破産手続をとるだけではなく、私自身も個人再生手続きをとりました。その結果、妻の借金はゼロになり、私の600万円あった借金は約120万円に減額されました。その一方で、住宅ローンだけはこれまで通り支払い続けることで、家を手放さずに済みました。

弁護士からのアドバイス

生活のためにご夫婦で借金をしてしまった場合、ご夫婦そろって債務整理手続をとることをお勧めします。ご夫婦の場合、どちらかの名義で住宅ローンを組んでいることも少なくありません。 せっかく購入したマイホームですから、手放したくないと考えるのが通常です。そのような方は、個人再生手続きをとり、住宅ローン債権者と、今後も約定通り支払うという約束を取り交わした上で、住宅ローン以外の借金のみ、減額させるという手続きを選択することができます。 中には、住宅ローンを組んでいる銀行で、住宅ローンとは別の借入れがあるので、結局住宅ローンだけ特別扱いしてもらえないのでは?と質問を受けることもあります。一概には言えませんが、住宅ローンと他の債権を分けて処理してくれる債権者も多いですから、諦める必要はありません。 財産を残したい、でも残せるか分からないという不安をお持ちの方は、一度弁護士にご相談ください。

その他の解決事例

過払い金で100万円以上が戻ってきました!!

私は負債が300万円以上あって、いつも頭の中がお金のことでいっぱいでした。 来る日も返済に追われてどこの業者に返済してどこの業者に返済していないのかもよくわからない状態でした。家族にも相談できず、一人でずっと悩み続けて破産することも考えている状態でした。

個人再生

生活保護を受給していたため、自己破産を選択。 300万円の返済義務が免除された。

障害をもつ子の監護養育が原因で育児ノイローゼとなり、浪費を繰り返す日々を送っていた。生活保護費だけでは生計を維持できず、借入を繰り返したことで、借入額が増加。 生活保護受給者であることを債権者に知られ、極度額を引き下げされてしまい、 資金繰りがショートしたため、弁護士に相談。

個人再生

破産手続きをとることで、2000万円近い債務を0円にすることができました

元夫が行っていた事業の連帯保証人になったばかりに、離婚後も債権者から催告書や裁判所からの差押の書面が来るなど、自分ではどうしようもない状態となっていました。2000万円もの借金は、パートでのわずかな収入しかない私ではとても返すことができません。 子供がいる中で家に差し押さえに来られるのではないかと思うと、日々の生活が不安でたまりません。

個人再生

来月の支払いがピンチ!1日でも早く督促をとめたい

もうすぐ結婚することになりました。新居に荷物も徐々に運び込んでいます。結婚する彼に未だに言えていないことがあります。つい最近まで、私は買い物依存症でした。服飾品や食料品など、必要以上に買い込んでしまい、気付けば借金は150万円を超えており、毎月クレジットカードの支払いは20万円にのぼっていました。 結婚後、実家に仕送りをしつつ、20万円をこえる返済をできるとは思えません。結婚1か月目から、お金が足りなくなりそうで、彼にバレるのではないかと不安です。

個人再生

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中