解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

会社員 30代 男性

事案の概要

数年前に憧れのマイホームに家族と住むために住宅ローンを組みました。しかし、仕事のストレスなどから、パチンコや競艇等のギャンブルにのめり込むようになりました。また、スマートフォンでの課金をするようになり、気が付けば、借金が500万円を超えるようになりました。おまとめローンを利用するなどして何とか返していこうと思ったものの、このままでは住宅ローンの支払いもできなくなると思い、弁護士に相談するに至りました。

結果

住宅を残したうえで、570万円の債務を180万円まで減額することができました。

弁護士からのアドバイス

個人再生手続では、ギャンブルなどの借金が多く、破産が認められにくい方も利用できる手続きです。また、住宅を残したいといった方も再生手続きを利用することで住宅を残して借金を大幅に減額することができます。もっとも、住宅ローンを組んだばかりで、住宅自体の価値が高い場合等、住宅ローンをつけた個人再生には様々なハードルがあるため、経験豊富な事務所に依頼して案件を進めていくことが必要です。当事務所では、住宅ローン付きの個人再生を経験した弁護士、スタッフがおりますので、住宅を残されたいとの希望がある場合には、できるだけ早期に当事務所にご相談ください。

その他の解決事例

夫婦合わせて2000万円の破産が認められました!

住宅ローンの支払をしていたものの、会社の事業縮小で収入が下がり、教育費での支払いが膨らみ、徐々に借金が膨らんでいきました。妻も借入をしていて、このままでは支払ってはいけないと思い、住宅を手放すことになりました。住宅については、夫婦で連帯保証になっており、住宅を手放しても、住宅ローンの残債務が、900万円以上残り、夫婦で総債務が2000万円にも及びました。 このままでは生活が立ち行かないと思い、法律事務所に相談をすることになりました。

個人再生

支払不能状態にあったため、自己破産を選択。 2000万円の返済義務が免責(借金が免除)された。

法人を経営する夫が事業規模拡大をするために融資を受けるにあたり、妻であった依頼者が連帯保証人になった。 また、子の成長もあったことから、自宅を購入することになり、住宅ローンの連帯保証人にもなった。 しかし、リーマンショックの影響もあり、夫の法人の業績は急激に悪化して倒産。 連帯保証人であった依頼者は住宅ローン会社から2000万円の一括請求を受け、弁護士に相談。

個人再生

病気が原因で使った借金260万円が0円に

まじめにパートと子育てを続けてきたのですが、身内の不幸が重なってしまい、自分が病気になったときの手術等での費用がかさんでしまい、足りない生活費や葬式代、手術の費用を借入れで補ってきました。借金の返済が膨らんでいき、返済のストレスから競馬にのめりこんでしまい、借金が260万円にもなっていました。これ以上、借金の自転車操業を続けることはできない、家族に迷惑をかけることはできないと決意して、弁護士の方に相談に行く事になりました。

個人再生

債務額が25万円に減額。 債権者とは、分割の支払いでの合意を締結。

家庭環境の変化や夫の住宅ローンの返済に追われ、依頼者自身のカード返済が滞っていたところ、債権者から頻繁に督促が来るようになった。最終的には、一括で返済するように求められ、どうしようもなくなり弁護士に相談。

個人再生

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中