個人再生について | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

はじめに

 債務整理手続には、任意整理、破産、個人再生の3つあります。以下では、個人再生について、他の債務整理手続の違いについて解説していきます。
 

個人再生とは

 個人再生とは、借金の額を減額したうえで、原則として3年間で分割して返済していく手続です。
 個人再生には、小規模個人再生と、給与所得者等再生の2つの手続きがあります。

小規模個人再生

 小規模個人再生とは、住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下であり、継続して収入を得る見込みがある場合に利用できる手続をいいます(民事再生法221条)。
 小規模個人再生の場合、原則として3年間で、最低弁済額か清算価値のいずれかが多い方の金額を分割して返済することになります。
 最低弁済額は民事再生法で次のように規定されています。
 

借金総額 最低弁済額
100万円未満の場合 借金総額
100万円以上500万円以下の場合 100万円
500万円より多く1500万円以下の場合 借金総額の5分の1
1500万円より多く3000万円以下の場合 300万円
3000万円より多く5000万円以下の場合 借金総額の10分の1

 
 一方、清算価値とは、破産をした場合に処分をする財産の価値をいいます。
 例えば、200万円の価値の自動車を所有していた場合、破産をした場合、この自動車を処分しなければなりません。そのため、清算価値は200万円となります。
 この場合、借金の総額が300万円の場合、最低弁済額は100万円になりますが、清算価値の200万円の方が多いので、200万円を原則3年間で分割して返済していくことになります。
 一方、50万円の価値の自動車を所有しており、借金の総額が300万円の場合は、最低弁済額は100万円になり、清算価値は50万円であるので、100万円を原則3年間で分割して返済していくことになります。

給与所得者等再生

 給与所得者等再生とは、小規模個人再生を利用できる人のうち、給与等の安定した収入があり、収入の変動幅が小さい人が利用できる手続をいいます(民事再生法239条)。
 給与所得者等再生の場合、上で述べた最低弁済額と清算価値だけでなく、可処分所得の2年分を比べて、いずれかが多い方の金額を分割して返済することになります。
 可処分所得とは、収入から、住民税や所得税等の税金、社会保険料、および、政令で定められた必要最低金額の生活費を差し引いた金額をいいます。
 例えば、借金の総額が400万円の場合、最低弁済額は100万円になります。
 一方、200万円の価値のある自動車を所有していた場合、清算価値は200万円になります。
 そして可処分所得の2年分の額が、250万円とした場合、最低弁済額と清算価値を比較すると2年分の可処分所得の額が多いので、250万円を原則3年間で分割して返済していく必要があります。
 

他の債務整理との違い

 民事再生以外には、任意整理と自己破産があります。
 任意整理の場合、債権者と交渉して借金を減らしたり、月々の返済額を支払うことでで、現在の支払よりも負担を軽くできる場合があります。任意整理は裁判所への申立てではなく、交渉なので、複数の債権者がいる場合、ある債権者に対しては任意整理を行い、別の債権者に対しては任意整理を行わない方法もあります。
 自己破産の場合、借金の返済義務は原則として無くなりますが、高価な財産が処分されますし、自己破産の手続中一定の職業に就けないなどの資格制限があります。裁判所への申立てなので、全債権者が対象となります。
 個人再生の場合、自己破産とは異なり借金の額がゼロにはなりません。もっとも、財産を処分したくない方や、資格制限とはなりたくない方、破産では免責を受けられない方には個人再生が有効となります。
 家をローンで購入している場合、任意整理であればローン会社については任意整理をせずに家を持ち続けることができます。一方、自己破産や個人再生の場合、全債権者が対象となるので、家を処分しなければなりません。もっとも、個人再生の場合、住宅資金特別条項を利用することによって家を持ち続けることができる場合があります。もっとも、要件があるので確認が必要となります。
 

おわりに

 個人再生手続は、借金の額を減額したうえで原則として3年間分割していく手続であり、小規模個人再生と給与所得者等再生の2つがあります。
 法律事務所ロイヤーズ・ハイでは、債務整理について経験豊富な弁護士が在籍しています。借金にお困りの方で債務整理をご希望の方は当事務所の弁護士に相談することをお勧めします。

関連する解決事例

債務総額は約600万円。最終的には約180万円に減額。

生活費に充てるための借入額が増え、返済が厳しくなっている。家族は借金があることは知っているが、支払いが困難になりつつあることは知らない。そのため、家族には内緒で手続きを進めたい。借金総額は約600万円。 また、破産による職業制限で職を失うため、破産は避けたい。

自宅を残して、900万円の借金が300万円まで減額されました。

住宅ローンを支払いながら家族と生活をしてきたものの、生活費に補填するためにクレジットカードを使うようになりました。徐々に返済をするために消費者金融から借入をすることやおまとめローンを利用して返済を行ってきたものの、昇給やボーナスが思った以上に上がらず、借金が900万円近くになっていました。このままでは長年ローンをはらってきた住宅を手放さないといけない、家族もいるため、何とかして自宅は守りたいという思いで、ご相談を頂きました。

ご夫婦が債務整理の手続きをとって、借金を減免して、マイホームを維持することができました。

結婚してもしばらくは賃貸の家に住んでしましたが、家賃分の支出で住宅ローンを組めると考え、思い切ってマイホームを購入しました。通勤の為にローンを組んで自動車を買ったり、引っ越し費用での支出が増え,借入れが始まりました。 妻の出産後は子供のための支出が増え、私だけでなく、妻名義でも借入れを行うようになりました。気付けば、住宅ローン以外での借金は600万円ほどになり、妻の借入れも500万円に達しようとしていました。毎月の返済は、1か月、2か月と遅れはじめ、住宅ローンだけは何とか払い続けなければと思っているのですが、まだ2500万円ほど残っているため、このままでは払えなくなる日も近そうです。 少しでも返済を減らしたいので、不動産等大きな財産を持っていない妻の債務整理を進めるべきかと思い、弁護士に相談しました。

関連するコラム

個人民事再生手続における弁済計画

抱えている借金の減額を可能とする個人民事再生手続、通称個人再生は自身の財産を残したまま借金による負担を軽減できるものです。 ここでは、個人再生における弁済計画をご紹介していきます。 どのような流れで個人再生が行われるのか気になる方は、ぜひ目を通してみてください。   個人再生手続には条件が必要 個人再生は、借金を抱えている全ての人が利用できるものではありません。 個人商店主や小規模の事業を営ん...

自己破産と個人民事再生どちらを選択すべきか

借入が増えてしまい、返済が難しくなってしまった場合に、債務整理を行うケースが多く見られます。 自己破産や個人民事再生は、借金を大幅に減らしたり、完済したりできるため、返済が難しくなってしまった時に利用すべき手続きだと言えます。 しかし、この2つは債務整理に含まれているものではありますが、大きな違いがあるのです。 今回は、自己破産と個人民事再生の違いや双方のメリット・デメリット、どちらを選ぶべきか、解説していきます。 債...

無職(またはニート)の方の借金を債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)して返済・減額・免責するときの注意点

幣事務所では、無職の方から、債務整理手続き(任意整理・個人再生・自己破産)をされたいというご相談を受けることが多くあります。 多くの相談者の方に共通しているのが、失業やリストラに遭う等して収入を絶たれてしまい、生活費が不足してしまったために、借金をしてしまったということです。 一方で、病気等が原因で失業や休職に追い込まれ、医療費等が負担となり、借金をしてしまうケースもあります。また,勤労意欲を失って,いわゆるニートになって...

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中