自己破産とは? | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

自己破産とは

自己破産とは、お持ちの財産・将来の収入を考えても、現在抱えている借金を返済することが著しく困難な場合に裁判所の許可を得て、法律上、借金の返済義務を免除してもらう手続きです。法的に支払い義務が免除されるのですから、今後の生活再建のためには最も有効な手段であると言えます。
ただし、100パーセント返済義務が免除されるわけではありません。租税債権や養育費の支払い義務など、破産しても免除されない債務が破産法上には定められています。また、借金の原因が著しい浪費に基づくものであった場合など、債務の免除を裁判所が認めてくれない場合もあります。
具体的にどの様な原因で債務を負ったのか、現在どのような内容の債務を負っているのか、一度弁護士にご相談ください。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリットは、なんといっても債務の支払い義務が法的に免除される点です。
一方で、いくつかのデメリットも存在します。

1.財産の処分

まず、 20万円を超える財産については原則として処分されます。そのため、ご自宅を所有していたり、20万円以上の価値のある車やバイク、宝石類をお持ちの場合は、原則として処分して頂くことになります。
また、現金については、原則として99万円を超える部分について処分されることになります。

2.資格制限

次に、破産手続きの期間中(3か月から6か月間)は一定の職業に就くことができません。
具体的には、弁護士・司法書士・税理士等「士業」と呼ばれる職種、警備員、生命保険の募集人等、他人のお金を扱う仕事には就くことができません。
また、破産者が株式会社の取締役等に就任している場合には、破産の開始決定が出た際には一度退任していただく必要があります。会社との委任契約が破産開始決定により終了するからです。もっとも、開始決定後に再度会社から再任されることについては差し支えありません。

3.官報掲載

破産手続きを取ると、①破産開始決定が裁判所から出されたとき、②免責決定(債務の支払い義務を法的に免除する決定)が裁判所から出されたときの2度、官報に氏名が掲載されることになります。
一方で、戸籍や住民票に破産の事実が記載されることは一切ありません。

関連する解決事例

破産したら携帯電話を手放さなければならないと誤解していました。

離婚後、幼い子供を育てながら正社員として働くことは難しく、パートを続けていました。しかし、収入は安定せず、少しずつ借入れを行うようになりました。家事・育児・仕事に追われる日々が続き、体調を壊し、収入も減ってしまいました。生活のための借入れが増え、気付いた時には借金は600万円を超えていました。 いよいよ目の前の返済すら難しくなり、何とかしなければと思っているのですが、インターネットで調べていると、破産をするとローンを組んで物を購入できなくなるそうです。ついこの前、携帯が壊れて分割で新しい機種を購入したばかりなのですが、この携帯も手放さなくてはいけないのでしょうか。新しい機種を一括で買うような余裕は全くありません。

妻が払っていると思っていた住宅ローンの滞納が発覚!家を売却して破産

結婚してから住宅ローンを組んで自宅を購入しました。私は仕事で家を空けることが多かったため、住宅ローンの支払いは妻に任せており、きちんと支払ってくれているものと信じて疑いませんでした。しかし、離婚した後、妻が住宅ローンの支払いを延滞させていたことを知りました。住宅ローンの負担もばかにならないので、家を売却することにしました。 そこまで古い家ではなかったため、住宅ローンの残額を支払っても手元にいくらか残せるだろうと思っていたのですが、予想に反し、家を売却しても債務が800万円以上残ってしまいました。予想が外れ、大きな借金を背負うことになり、どうしてよいか分からず、弁護士に相談しました。

一人暮らしで家族に知られることなく、破産して借金がなくなりました。

会社員として働いていましたが、職場での人間関係に疲れ、うつ病を患ってしまいました。働けなくなり、生活の為には借入れやカードでのショッピングに頼るしかありませんでした。何とか体調と相談しながら、アルバイトや友人の会社で働き収入を得ていましたが、フルタイムで働いていた頃に比べると、給料はかなり下がってしまいました。 働けなかった頃の借金を返済したくても、満足のいく収入が得られず、返済が滞りがちになりました。債権者からの電話や手紙が来るたび、焦りが生じ、また鬱になりそうです。 ですが、自分が作った借金ですから、何とか返済をしていきたいと考えていますし、実家の母親や、社会人としてはたらく兄弟に借金のことがバレるといらぬ心配を与えたり、債務整理手続を取ることで迷惑をかけるのではないかと不安です。

関連するコラム

夫婦で破産してしまう理由

結婚すると基本的には共同生活となり、財産を一緒に形成していきます。 しかし、様々な原因から夫婦揃って破産してしまうケースも少なくありません。 具体的にどういった事情から夫婦で破産となってしまうのでしょうか? そこで今回は、夫婦で破産してしまう理由についてご紹介していきます。 また、民法で決められている夫婦の財産についても解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。   「夫婦財産制」とは? 結...

破産の場合、弁護士費用はどう支払うの?

破産は、お金がない状態でする手続きです。 「もう自分では借金をどうすることもできない」と思ったからこそ手続きをするわけですが、「手元に全くお金がない」という人もいるでしょう。 その場合、破産に必要な弁護士費用は、どのように支払ったら良いのでしょうか? そこで今回は、破産の場合の弁護士費用の支払い方についてご紹介します。 すぐに費用が支払えなくても破産手続きは受けられるので、ぜひ参考にしてみてください。   破産にか...

自己破産すると一文無しになってしまう?

皆さんは「自己破産」というと、どのようなイメージを持つでしょうか? テレビなどで自己破産から自殺に追い込まれてしまうケースも紹介されており、何もかもが無くなってしまうのではないかと思われる方も多いでしょう。 実際に自己破産をすると一文無しになってしまうのでしょうか? そこで今回は、自己破産をした時に一文無しになってしまうのか、どのようなものが没収されてしまうのか、自己破産後の生活はどうなるのかなどをご紹介していきます。 ...

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中