大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

自己破産とは

 自己破産とは、お持ちの財産・将来の収入を考えても、現在抱えている借金を返済することが著しく困難な場合に裁判所の許可を得て、法律上、借金の返済義務を免除してもらう手続きです。法的に支払い義務が免除されるのですから、今後の生活再建のためには最も有効な手段であると言えます。
 ただし、100パーセント返済義務が免除されるわけではありません。租税債権や養育費の支払い義務など、破産しても免除されない債務が破産法上には定められています。また、借金の原因が著しい浪費に基づくものであった場合など、債務の免除を裁判所が認めてくれない場合もあります。
 具体的にどの様な原因で債務を負ったのか、現在どのような内容の債務を負っているのか、一度弁護士にご相談ください。

自己破産のメリット・デメリット

 自己破産のメリットは、なんといっても債務の支払い義務が法的に免除される点です。
 一方で、いくつかのデメリットも存在します。

1.財産の処分

まず、 20万円を超える財産については原則として処分されます。そのため、ご自宅を所有していたり、20万円以上の価値のある車やバイク、宝石類をお持ちの場合は、原則として処分して頂くことになります。
また、現金については、原則として99万円を超える部分について処分されることになります。

2.資格制限

 次に、破産手続きの期間中(3か月から6か月間)は一定の職業に就くことができません。
 具体的には、弁護士・司法書士・税理士等「士業」と呼ばれる職種、警備員、生命保険の募集人等、他人のお金を扱う仕事には就くことができません。
 また、破産者が株式会社の取締役等に就任している場合には、破産の開始決定が出た際には一度退任していただく必要があります。会社との委任契約が破産開始決定により終了するからです。もっとも、開始決定後に再度会社から再任されることについては差し支えありません。

3.官報掲載

 破産手続きを取ると、①破産開始決定が裁判所から出されたとき、②免責決定(債務の支払い義務を法的に免除する決定)が裁判所から出されたときの2度、官報に氏名が掲載されることになります。
 一方で、戸籍や住民票に破産の事実が記載されることは一切ありません。

関連する解決事例

破産したけど、現金を90万円手元に残すことができました!

私は1000万円の借金がありましたが、あまりに高額すぎてもう途中から払う気力を失っていました。ただ、手元に100万円だけ何かあったときのへそくりとして昔から持っていたのです。 しかし、最近借金返済の督促がかなり厳しくなってきたので、もうこの100万円を返済にあててしまおうかと思っていました。そんなときに田中先生にご相談させていただきました。

支払不能状態にあったため、自己破産を選択。 1100万円の返済義務が免除された。

職場でのストレスが原因で、現実逃避のために、ギャンブルと風俗に通い詰めた。 毎月の収入だけでは足らなくなり、複数社から借入れを行ったうえでさらに通い詰めた。 キャッシング枠が利用できなくなり、ついに商品券等を購入して換金行為を始める。借金の総額は1100万円以上になった。その後、換金行為すらもできなくなり、資金繰りがショートしたため、弁護士に相談。

一人暮らしで家族に知られることなく、破産して借金がなくなりました。

会社員として働いていましたが、職場での人間関係に疲れ、うつ病を患ってしまいました。働けなくなり、生活の為には借入れやカードでのショッピングに頼るしかありませんでした。何とか体調と相談しながら、アルバイトや友人の会社で働き収入を得ていましたが、フルタイムで働いていた頃に比べると、給料はかなり下がってしまいました。 働けなかった頃の借金を返済したくても、満足のいく収入が得られず、返済が滞りがちになりました。債権者からの電話や手紙が来るたび、焦りが生じ、また鬱になりそうです。 ですが、自分が作った借金ですから、何とか返済をしていきたいと考えていますし、実家の母親や、社会人としてはたらく兄弟に借金のことがバレるといらぬ心配を与えたり、債務整理手続を取ることで迷惑をかけるのではないかと不安です。

関連するコラム

債務整理から自己破産へ

債務整理には、司法書士が債権者側と話し合い、将来の利息分をカットして長期分割払いや一括返済の代わりに債務の減額を受け入れてもらう「任意整理」という手続きがあります。 債務整理の中でも比較的行いやすく、これによって返済が少しでも楽になることから、債務者にとって大きなメリットと言えるでしょう。 ただし、任意整理を行ったところで完全に借金がなくなるわけではありません。 では、任意整理を含む債務整理を行ってから自己破産に移行する...

破産手続きにおける弁護士の役割

借金などの債務が自分の収入または財産で支払い切れなくなった時、所持する全財産をお金に換え、債権者に分配して清算する方法を自己破産と言います。 破産手続きは弁護士に相談や依頼が可能ですが、弁護士にはどのような役割があるのか詳しく知らない方は多いでしょう。 今回は破産手続きにおいての弁護士の役割や、依頼するメリットなどを解説していきます。   破産手続きで弁護士がやってくれること 弁護士に破産手続きを依...

生活保護受給者が自己破産できるのか

債務を支払うことが不可能となった際に申立ができる自己破産。自己破産によって裁判所から借金を支払う義務を免除されるため、借金はゼロとなり生活を一変させることが可能になります。 そんな便利でありがたい存在の自己破産手続きを、生活保護受給者でもできるようになっているのか疑問に思う人は多くいます。 果たしてその答えはどうなっているのでしょうか? 今回は、生活保護受給者が自己破産できるかどうかについて詳しくご説明していきま...

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中