大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

 任意整理とは、あなたに代わって弁護士が貸金業者などの債権者と交渉を行い、債務の返済スケジュールを負担の軽いものにする手続きです。具体的には、月々の返済額・返済期間について交渉を行います。
 また、任意整理では原則として将来利息をカットし、現在ある債務額を固定した上でその額を支払っていくよう交渉を進めます。そのため、月々の負担が減るだけでなく、全体として支払うべき債務額が減ることにもつながります。

任意整理って簡単にできるの?

  • 毎月返済をしているが、利息にとられて元金がほとんど減らない
  • 利息さえなければ返済の目途が立つ
  • 月々の返済額がもう少し減らせれば余裕ができる

こういった悩みを抱えておられる方はたくさんいます。返済が滞ったせいで債権者から督促され、やむなく別の金融機関から借金をする、という方もたくさんいらっしゃるのです。しかしこれでは借入額が増える一方で、ますます返済が困難になってしまいます。
お一人で抱え込まず、一度弁護士にご相談ください。
任意整理を行うのに、特に必要な条件などはありません。破産や再生の場合、裁判所に債務の返済義務の免除や債務の減額を認めてもらう法的手続きになりますから、綿密な準備や資料収集が必要になります。また、破産をすると、資格を制限されたり、財産を処分されるなど、デメリットも大きいです。
任意整理の場合、あくまで債権者と任意の交渉を行うだけですから、破産や再生のような面倒な手続きはなく、財産を処分されることもありません。

任意整理は返済計画を変更するだけ?

確かに、任意整理では返済すべき借金の額が、再生手続を取った場合のように大幅に減少するということはありません。主眼は、月々の返済額を減少させ、余裕を持った返済計画を立てることにあります。
しかし、任意整理では今後の返済計画を立てるのに、将来利息や遅延損害金をカットする交渉を行うのが一般的です。将来利息をカットし、現在ある債務額を確定させたうえで、その債務を今後どのように支払っていくか、を交渉によって決めるのです。
毎月の支払いのほとんどが利息に充てられているという方や、利息さえなければなんとか返済できるという方は、任意整理を行えば十分返済の目途が立つのではないでしょうか。
このように、将来の利息をカットできるだけでも、経済的利益は大きいといえます。

また、任意整理を弁護士に依頼すると、各債権者に弁護士から受任通知を発送することになります。受任通知を送れば債権者からの請求はストップしますから、一時的ではありますが返済をやめることができ、その間に生活の立て直しを図ることも可能です。

破産はしたくない方へ

ご依頼者の中には、自分で作った借金なのに、それを踏み倒すのはどうしても嫌だ、という方もたくさんおられます。これまでお話ししてきたように、任意整理の主眼は借金を大幅に減らすことにあるわけではありません。利息や遅延損害金など、ある程度の減額をしたうえで、「なんとかして借金を返していく方法を見つける」ことを目的としています。
ですので、今後の支払いの目途が立っており、自分で借金をきちんと返したいとお考えの方は、任意整理を検討されることをお勧めします。

関連する解決事例

自宅に突然訴状が!?給料の差し押さえを回避!

以前、病気をした親の治療費のため、数社から借入れを行いました。毎月きちんと支払いを続けていたので、ほぼ全ての借金を返し終わりました。1社だけ債務が数万円残っていたのですが、生活が厳しくなったこともあり、少額だし、余裕ができてから返そうと、数年間放置していました。 ある日、自宅に裁判所から書類が届きました。嫌な予感がして中身を見ると、案の定残りの債権者から「20万円を返せ」という訴訟を起こされていました。残りは10万円もなかったはずなのに、数年間放置している間に20万円に膨れ上がっていました。突然返せと言われても返せる額ではなく、インターネットで調べると、訴訟を放置すると財産を差し押さえられるという記事まで見つかりました。訴訟に対応したくても、一体何から手をつければいいのか、何をすればいいのか、全く分かりません。

来月の支払いがピンチ!1日でも早く督促をとめたい

もうすぐ結婚することになりました。新居に荷物も徐々に運び込んでいます。結婚する彼に未だに言えていないことがあります。つい最近まで、私は買い物依存症でした。服飾品や食料品など、必要以上に買い込んでしまい、気付けば借金は150万円を超えており、毎月クレジットカードの支払いは20万円にのぼっていました。 結婚後、実家に仕送りをしつつ、20万円をこえる返済をできるとは思えません。結婚1か月目から、お金が足りなくなりそうで、彼にバレるのではないかと不安です。

自動車以外の会社に任意整理を行うことで自動車を残すことができました。

多額の自動車ローンを組んでしまい、返済のために、さらに借金をするという生活を続けてきました。自動車を残して、他の借金だけ整理することはできないのでしょうか。

関連するコラム

任意整理における弁護士の選び方

任意整理は、債権者との交渉によって債務を減額していきますが、依頼する弁護士の実力によって結果も変わってきます。 慣れない弁護士に依頼してしまうと、思ったほどの減額ができない、債権者に対して最適な交渉を取れずに解決まで期間がかかってしまうことが考えられます。 今回は、任意整理での弁護士の探し方と選び方についてご説明します。特に、今回が初めて弁護士を探してみるという方は、ぜひ参考にしてご自身に合った弁護士を選んでいってみてくだ...

任意整理または債務整理で繰り上げ返済したり,ボーナス払いはできるのか?

借入金やクレジットカードの利用代金等の支払が厳しくなってしまった際に取る債務整理の方法の一つとして,任意整理による方法があります。 任意整理は,裁判所を通すことなく債権者との直接の交渉をすることで,毎月の支払額を減少させることができることになりますが,そうは言うものの,やはり,毎月の支払を継続していかなければならない場合がほとんどですので,できれば,少しでも早く終わらせたいと思う方も多いのではないでしょうか? 任意整理で交...

奨学金を任意整理(債務整理)することができるのでしょうか?

債務整理のご相談を受ける中で,近年,よく聞かれるのが,学生時代の奨学金を返すのが困難になっているが,保証人になってもらった親(又は親類)に迷惑をかけるわけにはいかないので,自己破産や個人再生は回避したいという内容です。 また,子どもの奨学金を申請したいが,親が債務整理中であっても奨学金の申請ができるのかというご相談も時々聞くことがあります。 奨学金も借金の一種ではありますので,債務整理を行う場合の対象となりえますが,どのよ...

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中