大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

はじめに

 個人再生は自分で申し立てることもできますが、法律の専門家である弁護士に依頼する方が様々なメリットがあります。
 以下では、個人再生を弁護士に依頼するメリットについて解説していきます。
 

個人再生を弁護士に依頼するメリット

 個人再生を弁護士に依頼することで次のようなメリットがあります。

弁護士が手続きを代わりに行う

 自分で個人再生を申し立てることができますが、民事再生法の学習が必要となり、時間や手間がかかります。また、自分で手続きを行っても今後の見通しが分からない場合があり、精神面で不安が残ることになります。
 一方、個人再生を弁護士に依頼することによって、本人に代わり手続きを行うことができ、個人で行うよりも時間や手間を省くことができます。また、今後の見通しがわかるので、本人の精神的な不安和らげることもできます。
 したがって、弁護士が本人に代わり手続きを行うという点でメリットがあります。

弁護士が手続きを主導的に行う

 個人再生は、債務者が自ら主導的に行うことが予定されているので、自分で個人再生を申し立てる場合には、自らが主導する必要があります。また、個人再生委員が選任された場合も、手続は本人が行うことになります。
 一方、弁護士に依頼した場合には、手続は弁護士が主導的に行い、個人再生委員や裁判所との交渉も弁護士が主導的に行うことができます。
 したがって、弁護士が手続きを主導的に行うという点でメリットがあります。

債権者からの取立てが止まる

 弁護士に依頼するまでの間は、貸金業者や債権回収会社からの取立てが来てお困りかと思います。もっとも、弁護士が依頼者から債務整理を受任すれば、債権者に対し受任通知を送付することになり、貸金業者や債権回収会社からの取立てが停止します。法律上、受任通知の送付を受けると本人に直接の取立てはしてはならないとされているからです。
 貸金業者や債権回収会社以外の債権者についても、取立てを一時停止してくれる場合があります。
 したがって、債権者からの取立てが止まるという点でメリットがあります。

書類作成や債権者対応も弁護士が代わりに行える

 まず、自分で個人再生を申立てた場合、書類作成や債権者対応も自分で行わなければなりません。特に債権者対応を自分で行うとなると精神的な負担は大きいです。そのため、弁護士に依頼した方がメリットがあります。

司法書士に依頼するよりも弁護士に依頼する方が良い

 司法書士に依頼する場合、司法書士は個人再生手続の代理人となることはできないので、書類の作成や債権者対応をするにとどまります。そのため、裁判所への出頭は依頼者本人が一人で行かなければなりません。
 一方、弁護士は個人再生手続全般について代理権を有するので、書類の作成や債権者対応だけでなく、裁判所への出頭も依頼者の方と一緒に行うことができます。
 そのため、個人再生は弁護士に依頼する方がメリットがあります。

銀行のおまとめローンよりもメリットがある

 おまとめローンとは、複数の業者からの借金を、借り換えによって一本化する方法です。債務整理を行うと信用情報機関に事故情報として載ることになり、新たにクレジット契約や借入を行うことはできなくなりますが(ブラックリスト)、おまとめローンの場合、ブラックリストに載らないというメリットがあります。もっとも、おまとめローンにも利息が付き、借金の総額が増えることになります。
 そのため、本人が銀行のおまとめローンを行うよりも、弁護士に個人再生を選ぶ方がメリットがあります。
 

おわりに

 個人再生は自分で行うことができますが、手続きが煩雑であったり、債権者対応が困難な場合があるので、弁護士に依頼するメリットは大きいです。
 法律事務所ロイヤーズ・ハイでは、債務整理について経験豊富な弁護士が在籍しております。借金についてお困りの方は当事務所の弁護士に相談することをお勧めします。

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中