大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

はじめに

 過払い金の返還請求は本人が行うことは可能です。もっとも、以下で述べるとおり、弁護士に依頼した方がメリットがあります。
 以下では、過払い金請求を弁護士に依頼するメリットについて解説していきます。
 

弁護士に依頼するメリット

 過払い金の返還請求は、本人が行うことができ、本人が行う場合には費用は特に掛かりません。一方、弁護士に依頼すれば弁護士費用がかかります。この点では本人が行った方がメリットがあります。
 しかしながら、過払い金請求は弁護士に依頼した方がメリットがあります。

弁護士が代わりに手続きを行ってくれる

 まず、過払い金返還請求の手続きについて説明します。

1過払い金を計算する

 まず、過払い金を計算する必要があります。過払い金の計算方法についてはインターネット上にダウンロード可能なエクセルのテンプレートがあるので、簡単に計算することができます。

2必要書類を集める

 過払い金の返還請求には次の書類が必要となります。
 

引き直し計算書
 引き直し計算書とは、取引明細をもとに、実際に支払った金利と利息制限法の上限金利を比較して、金額の差額を計算した書類をいいます。引き直し計算は、エクセルなどの計算ソフトを利用することで行うことができます。引き直し計算をして過払い金が発生している場合には返還請求ができますが、発生していない場合には返還請求はできません。引き直し計算の際の入力ミスには注意しましょう。

 

過払い金返還請求通知書
 過払い金返還請求通知書とは貸金業者に対し、過払い金の返還の請求を命じる書類です。

 

3貸金業者に書類を提出する

 引き直し計算書と過払い金返還請求通知書を作成したら、貸金業者に対し原本を配達記録郵便で提出することになります。配達記録郵便は、配達されたという証拠書類が差出人と配達先に届くことになります。差出人に届いた証拠書類は裁判になった場合に使用するので、保管する必要があります。

4貸金業者と交渉する

 過払い金返還請求通知書を送達された貸金業者とまず交渉をすることになります。一般的に交渉は3か月から半年程度かかります。
 交渉がまとまれば、合意した金額の過払い金の返還を受けることができます。
 交渉がまとまらない場合には、裁判による方法が考えられます。

5訴訟を提起する

 裁判による過払い金の返還の流れは次の通りです。

訴訟提起
 裁判所に対し、訴状を提出します。過払い金の元金が140万円未満の場合には簡易裁判所が、140万円以上の場合には地方裁判所が管轄となります。
第1回期日の指定
 訴状の提出がされると、被告である貸金業者に対し訴状が送達され、第1回期日が指定されます。
裁判
 期日は1か月に1回のペースで開かれます。

 
 また、手続の途中で和解期日が開かれることがあり、貸金業者と話がまとまり和解が成立して訴訟が終了する場合があります。
 一方、和解が成立せず、手続が進むと、最終的には判決により、過払い金請求権の存否、金額が判断されることになります。
 和解で終了する場合には、合意した一定金額の支払いを受けることができます。一方判決の場合には、貸金業者は判決で判断された過払い金の額を支払わなければなりません。支払わない場合には、強制執行により貸金業者の財産を差し押さえることができます。
 
 本人が過払い金請求を行う場合には、これらの手続を全て自分で行わなければなりません。自分でこれらの手続を行うことは非常に煩雑ですし時間もかかります。
 一方、弁護士に依頼した場合には、過払い金の計算から裁判まで全て本人に代わり行います。その結果スピーディーな解決をすることが可能となります。
 
 書類の作成も本人の場合ならすべて自分で行わなければなりませんが、弁護士に依頼すれば、本人に代わりあらゆる書類を作成します。訴訟の場合、期日ごとに裁判所に出廷しなければなりませんが、弁護士に依頼した場合には、弁護士が代わりに裁判所に出廷します。

周囲に知られにくくなる

 本人が過払い金の返還請求を行う場合、貸金業者や裁判所からの連絡や郵便物が全て自分の所に届くことになり、同居の家族がいれば、過払い金請求をしていることを家族に知られることになります。
 一方、弁護士に依頼した場合、貸金業者や裁判所からの連絡や郵便物について弁護士が対応することになるので、周囲の人に知られにくくなります。

有利な結果が得られる可能性がある

 本人が貸金業者と交渉すれば、交渉に慣れていないため貸金業者の減額要求に応じてしまい結果として、思った通りの結果が得られない場合があります。一方、弁護士に依頼すれば交渉を弁護士が代わりに行うので本人にとってより有利な結果が得られる可能性があります。

精神的に楽になる

 本人が過払い金の返還請求を行う場合、自分ですべて対応しなければならず、精神的に疲弊する場合が多いです。一方、弁護士に依頼すれば、弁護士が代わりに行うので、精神的に楽になります。
 

おわりに

 過払い金請求は本人が行うことはできますが、メリットとしては費用面程度であり、弁護士に依頼した方が様々なメリットがあります。そのため、過払い金請求をお考えの方は弁護士に相談することをお勧めします。
 法律事務所ロイヤーズ・ハイでは、債務整理について経験豊富な弁護士が在籍しております。債務整理のみならず過払い金の返還を請求したいと考えている方は当事務所の弁護士に相談することをお勧めします。

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中