大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中
パチンコ 主婦 借金

近年、パチンコなどのギャンブルにはまり、いわゆる「ギャンブル依存症」になる主婦が増えています。主婦がストレス発散にパチンコに行くくらい、本来は大した問題ありませんが、ギャンブル依存の状態になると、家庭が崩壊するなど深刻な結果を招きます。なぜなら、パチンコのために生活費や貯蓄を食いつぶすだけでなく、借金してまでパチンコに行くようになるからです。

 

主婦がなぜギャンブル依存になるのか

通常、主婦がいきなり「パチンコに行ってみよう」と思い立って、1人でパチンコに行くことはありません。
以前、彼氏や夫に連れられて一緒にパチンコをした経験がある場合、忙しい家事や育児の合間に、ふと「息抜きに行ってみようか」と考え、これがパチンコに通うきっかけになったりします。

また、パチンコをやっている主婦仲間に誘われてパチンコに初めて行く、ということもあるでしょう。
また、パチンコに数回いっただけで依存症になるわけではありません。
たとえば、ビギナーズラックで大勝したり、パチンコでストレス解消を実感したりするなど、「またパチンコに行きたい」と思う何らかの原因があり、そこから次第にのめり込むのです。逆に大きく負けてしまって、どうしてもお金を取り返したいという気持ちからはまっていく人もいます。
ギャンブル依存は、一部の人にだけが陥る特殊な症状ではなく、誰にでも起こり得ることなのです。

 

ギャンブル依存症の主婦の実態

ギャンブル依存症の主婦は「子育てや家事に忙しく、人付き合いも少ない」という傾向があります。
仲のいい友人がいて、定期的に息抜きできればよいのですが、人付き合いが少ないと息抜きの機会も少なくなりがちです。
そういう主婦にとって、「好きな時間に1人だけで楽しめる」という点で、パチンコはとても都合がよい遊びなのです。

もちろん、夫や子供が会社や学校に行っている間に、たまに息抜きとしてパチンコに通うくらいなら、特に責められるようなことではありません。

ところが、ギャンブル依存になると、手持ちのお金を使い切って生活費をパチンコに使う、貯蓄を切り崩してパチンコに使うなど、次第にエスカレートしていくため、問題が深刻なのです。
家庭内のお金では足りず、消費者金融やクレジットカードなどで借り入れるようになったり、手っ取り早くまとまったお金を稼ぐため、売春するようになった主婦もいます。
売春は極端な例ですが、ギャンブル依存症になると、ギャンブルによってどんな不利益が生じるか分かっているのに、それでもギャンブル通いをやめられない、という状態に陥ります。
ギャンブル依存や借金の実態が家族にばれて、ついには家庭が崩壊してしまうこともあります。

 

妻のギャンブル依存に気付かない夫

家計のことは妻に任せきり、という家庭は少なくないでしょう。
完全に妻任せにしていると、生活費や貯蓄をギャンブルにつぎ込まれていても、なかなか気付くことができません。

また、夫は夫で仕事が忙しく、妻が日頃何をやっているか把握していない、そもそも妻に関心がない、という状態ともなると、妻がギャンブル依存症になっていても気が付きません。

そして、ようやく妻の異変に気付いたときにはすでに手遅れで、パチンコのために貯蓄が食いつぶされ、おまけに多額の借金まで抱えていた、ということもあるのです。
妻が家計を管理していること自体は至って普通だと思いますが、本当に適切に管理されているか、定期的に検証している家庭は少ないのではないでしょうか。

 

借金を繰り返している場合は弁護士に相談する

弁護士に依頼することで、ギャンブルの原資になっている借金を断ち切ることができます。
弁護士に借金の整理を依頼すると、弁護士は直ちに債権者に対して通知書を出します。要するに「借金は返せない」または「返済条件を緩めてほしい」ということですから、以降、金融機関はお金を貸してくれなくなります。

たしかに、クレジットカードが作れなくなるなど、一定の不利益は生じますが、ギャンブル依存の方にとって、優先すべきは「借金ができない」という状態を作り出すことでしょう。
自分自身、あるいは妻の借金問題を何とか解決したい、と考えている方は、弁護士に相談することが早期解決につながります。
弁護士事務所によっては、無料相談の場合もあるので、まずは問い合わせてみましょう。

 

まとめ

ギャンブルに使うお金を借金で調達していた場合は、「ギャンブル依存」と「借金」という2つの問題を同時に抱えることになります。そのため、妻がギャンブル依存症になってしまうと、離婚する夫婦も多くなります。

借金は、身内に泣きついて助けてもらうこともできますが、身内に借金を清算してもらい、再び借金をしてしまうことも珍しくありません。
ギャンブル依存を本気で克服したいと考えるなら、弁護士に相談して、借金を根本から断ち切ることが必要です。

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中