大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中
パチンコ 借金地獄

パチンコ屋というと、いつものオジサンたちがタバコを加えながら黙々とやっているようなイメージで、どうして女の人があれをやるんだろう?と疑問におもっている方もいませんか?
このページでは女の人がパチンコを始めて、はまっているきっかけについて考察しました。

 

女の人がパチンコをはじめるきっかけ

女の人はどうしてパチンコをはじめてしまうのでしょうか。
まずよくあるケースとしてはすでにパチンコにハマっている人が、「おしゃべりついでに来ないか?」というような形で誘われる事があり、「ちょっとおしゃべりならいいかな」と店の中に入ってしまい、ついでにパチンコの利用を始めます。
また、彼氏や夫などの交際相手・配偶者がパチンコをしているような場合にはデート場所としてパチンコでデートするような事もあります。
こうして、普通の女の子がパチンコにはまってしまうのです。

 

最近のパチンコ屋事情

以上のような従来からのきっかけに加えて、最近のパチンコ屋の女性客取り込みのための仕掛けを知っておいてください。
従来はパチンコ屋だけの建物でしたが、最近では有名なファミレスなどと一緒の複合施設の中に同時オープンしており、女性でも近づきやすいような構造にしています。
タバコが嫌だという女の人の声も多いので、禁煙フロアや全館禁煙にするなどして、タバコのにおいが苦手な人でもはいりやすい工夫がされています。
また、パチンコ台の内容にも工夫をしてきております。
たとえば韓流ブームの火付け役となった冬のソナタや「CR海物語」、かわいいリーチアクションやイケメンができてくれる台など女性でも親しみやすいパチンコ台が出てきています。
たとえば、車の中に子供を放置して熱中症で亡くなってしまうという事故もニュースで取り上げられると、パチンコ店舗内にキッズスペースをおいているような場所があります。
またおしゃれに興味のある女性のためには、ネイルサービスを展開している店もあります。長い時間待っていることが多いので、その時間を利用してできますね。
さらには足湯でリラックスしながらパチンコを楽しむ事ができるパチンコ店もあります。リラックスしながらパチンコを楽しめるようになってしまうのです。

 

パチンコにはまる女性が借金をするまで

では、パチンコにはまる女性が借金をするまにどのような経過をふむのでしょうか。
最初はちょっと損をすればいいか…くらいでパチンコをはじめます。実際に勝てるわけではないので、家計の中で損をしても無理ない範囲ではじめます。
しかし、何度かやっているともちろん勝ってしまいます。
勝ったことによりびっくりするような大金がはいるので、豪華な食事や我慢して変えなかった服が買えるようになってしまいます。
そうすると、またこんな食事や服を買いたい!と思ってしまい、次から次へとパチンコを打つようになります。たまに当たる事はあるかもしれませんが、パチンコはギャンブルで、ギャンブルは勝てるようにはできていません。
そのうち、「勝って返せばよいや」と、食費や保険料など手をつけて、手が付けれられるものがなくなったら、借金を利用する事になります。
2・3社借入をするようになると、A社の返済日が近いので、B社から借り入れ、B社の返済が近いのでA社から借り入れ…というような事を続けるようになり、返済のための借入をするようになります。
そうなると限度額一杯まで来て、新しい借り入れができなくなり返済が滞ります。
家に督促がくるので夫にわかってしまいますので、人によっては水商売や風俗で働いてなんとか食いつなごうとしてしまったり、日用品を買えなくなって万引きをしてしまったり、さらにはごく少数ですが返済に窮する日常を忘れるために覚せい剤に走るような人もでてきてしまいます。

 

まとめ

パチンコ屋は売上拡大対策として、一般の女性に向けた積極的なプロモーションを行っています。
女性が入るきっかけになるような、サービス展開・付随サービスを提供してきているのです。ただ、いったんパチンコを始めると、借金だらけで抜け出るには大変な苦労を伴います。
借金返済ができないために、夫婦仲がわるくなってしまい、極端なケースだと離婚という事にもなりかねません。
それを避けるために、水商売や風俗で働きはじめるような事をすると、家庭そのものが壊れてしまいますし、平穏な日常が一気に借金地獄へと変わってしまいます。
ですので、借金の状態がマズイのかな?というような意識が少しでも芽生えたときには、借金問題専門の弁護士に相談することにして、債務整理の相談をするようにしましょう。

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中