大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

はじめに

 任意整理とは、債務の支払期間、支払い方法について債権者と交渉をし、和解が成立すれば、和解に従って3年から5年間で一定金額を支払っていく手続です。
 以下では、任意整理選択のポイント、任意整理における和解交渉のポイント、和解契約書のポイントについて解説していきます。

 

任意整理選択のポイント

 債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理の3種類があります。前の2つは法律上の手続きであるのに対し、任意整理は法律上の手続きではなく交渉という点で異なります。
 選択の基準は様々ですが、総債務を可処分所得で割った数字が36(3年)よりも大きいかどうかが一つの基準となります。36より大きいのであれば、任意整理で月々返済するのは困難であり、法律上支払不能の要件を満たすので、自己破産や個人再生が適することになります。一方36以下の場合には、家計の範囲内で月々返済することが可能なので、任意整理の方が適することになります。

 

任意整理における和解交渉のポイント

 一般論として、債務者としては債務を減額したい、債務の支払は長期で月々の支払額は少なくしたいと考える一方、債権者としてはできるだけ早く、そして、できるだけ大きく債権を回収したいと考えるのが通常です。
 任意整理の場合も債務者と債権者の関心事は債務の減額と債務の返済方法についてです。

債務の減額

 債務者としては債務が少しでも安くしたいと考えるのが通常であり、弁護士に依頼すれば、任意整理の場合、将来利息や遅延損害金をカットするだけでなく、債務の額を低く抑えるように債権者と話し合います。

債務の返済方法

 任意整理の場合、通常3年から5年間で分割して債務を返済していくように債権者と話し合うことになります。

 

任意整理における和解契約書のポイント

 任意整理は、和解契約であるので、債務者と債権者がそれぞれ譲歩することにより合意が形成されることになります。そして、和解が成立した場合には、和解契約書が作成されるのが一般的です。
 基本的には和解契約書には次の条項が記載されることになります。

債務総額の確認

 まず、債務者が支払うべき債務の総額を確認することになります。和解契約なので名目は借入金ではなく和解金とするのが良いでしょう。

支払い方法

 和解交渉の段階で、支払い方法について一括払いか分割払いかについて交渉がなされます。任意整理の場合、支払い方法は3年から5年の分割払いなので、合意した支払方法を和解契約書に記載することになります。具体的には、いつからいつまで何円を何回で支払っていくか、支払期日は何日とするかが記載されることになります。端数が生じた場合には、端数分を支払いの最初の月にもっていくか、最後の月にもっていくかも記載する必要があります。

期限の利益喪失

 和解契約書には期限の利益喪失に関する文言が記載されることがあります。任意整理の場合、支払い方法として3年から5年で分割払いの合意をするのが通常ですが、期限の利益の喪失に関する文言が記載されている場合、一定期間支払わななければ債務の残額を一括して支払わなければならなくなります。

遅延損害金

 期限の利益喪失条項が記載された場合で実際に期限の利益を喪失したときは遅延損害金が発生することがあります。遅延損害金の割合については当事者の話し合いの内容によることになります。

債権債務の清算

 和解契約書で和解金として合意した債務の額以外には、債権者と債務者の間では何ら債権債務がないことを確認する条項を付ける必要があります。なぜなら、この条項を付けないと、後日、債権者が債務者に対し別の貸金の返還を請求する可能性があるからです。

保証人や担保を外す条項

 債権者からの借入について、保証人が付いていたり、担保が付いている場合には、保証人や担保を外す内容の和解条項を入れることがあります。

放棄条項

 一つの債権者に対し、複数の債務がある場合、その中の一部の債務について和解が成立すれば他の債務については一切請求しないとする条項を入れることも可能です。

 

おわりに

 任意整理には、任意整理選択のポイント、任意整理における和解交渉のポイント、任意整理における和解契約のポイントがあります。
 法律事務所ロイヤーズ・ハイでは、債務整理について経験豊富な弁護士が在籍しております。借金についてお困りの方は当事務所の弁護士に相談することをお勧めします。

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中