大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

はじめに

 任意整理は債権者と交渉により返済方法や返済期間について合意をする手続きです。そのため、任意整理を行ったとしても、債務自体はなくなりません。
 もっとも、消滅時効により債務自体をなくす方法があります。
 以下では、消滅時効、時効中断、任意整理後の時効について解説していきます。

 

消滅時効について

 消滅時効については、民法や商法により規定されています。
 民事債権については民法167条1項で次の通り規定しています。
「債権は、十年間行使しないときは、消滅する。」
 また、商事債権については、商法522条で次の通り規定します。
「商行為によって生じた債権は、この法律に別段の定めがある場合を除き、五年間行使しないときは、時効によって消滅する。ただし、他の法令に5年間より短い時効期間の定めがあるときは、その定めるところによる。」
 上記規定から、商事債権については時効期間は5年、それ以外の債権については時効期間は10年となります。
 具体的には債権の種類により時効期間が異なります。

貸金業者、消費者金融が債権者である場合

 貸金業者・消費者金融が会社である場合には商事債権なので時効期間は5年となります。
 債権者が個人である場合は原則として民事債権として10年間が時効期間となります。もっとも、借主が営業のために個人から借入を行った場合には、商事債権として時効期間は5年となります。

信用金庫が債権者の場合

 信用金庫の行う業務は営利目的ではないので、商事債権ではなく、民事債権として10年が時効期間となるのが判例です。もっとも、債務者が営業のために信用金庫から借入を行った場合には商事債権として時効期間は5年となります。

銀行が債権者である場合

 銀行は会社なので、商事債権として時効期間は5年となります。

住宅金融支援機構の住宅ローン債権の場合

 住宅金融支援機構は商人ではないので、住宅ローン債権は民事債権として10年間が時効期間となります。

保証協会の求償債権の場合

 保証協会が主債務者に代わって債務の弁済をした場合、主債務者に対し、求償権を有することになります。消滅時効は保証協会が代位弁済をしたときから進みます。
 そして、保証協会は商人ではないので、民事債権として10年間が時効期間となります。もっとも、商人である主債務者の委託に基づき、保証協会が保証をしたときは、求償権は商事債権として5年間が時効期間となります。

日本学生支援機構の場合

 日本学生支援機構から奨学金の借入を行っている場合、日本学生支援機構は商人ではないので民事債権として10年が時効期間となります。

 以上のように、代表的な債権の時効期間を上げましたが、5年または10年の時効期間が経過したとしても当然に債務は時効消滅をするのではなく、時効の援用をしなければ、債務は消滅しません。

 

時効中断について

 時効期間が経過をすれば、時効の援用により債務を消滅することができますが、時効期間が経過する前に時効中断がなされた場合には、時効期間はリセットされるので注意が必要です。
 時効中断については民法147条で規定されています。
民法147条「時効は、次に掲げる事由によって中断する。
一 請求
二 差押え、仮差押え又は仮処分
三 承認」

 

任意整理後の時効

 任意整理とは、債務の支払方法や支払期間を債権者と交渉し、合意をする手続きです。任意整理をした場合、合意に従って毎月一定額の債務を支払うことになりますが、任意整理後も一定期間が経過すれば消滅時効の援用が可能となります。
 任意整理による合意があったとしても、債務の性質は変わらないので、商事債権として最終の返済期日の翌日から5年で消滅時効が成立することになります。
 もっとも、任意整理後の時効は、次の通りお勧めできません。すなわち、任意整理後の時効では最終的な解決が遅くなります。また、債権者は時効中断を行う可能性があります。さらに債権者が訴訟を提起すれば高額の遅延損害金を含めた判決がなされるリスクがあります。
 このように、任意整理後、支払いが困難な場合には、再度債権者と交渉を行ったり、自己破産を申し立てた方が良い場合があります。

 

おわりに

 任意整理では、債務自体はなくなりませんが、時効期間が経過していれば時効を援用することによって債務を消滅させることができます。もっとも、時効期間経過前に時効中断がされていた場合には、時効期間はリセットされるので注意が必要です。また、任意整理後の時効援用は理論上は可能ですが、リスクの方が多いのでお勧めはできず、再度債権者と交渉を行ったり、自己破産を申し立てた方がいい場合があります。
 法律事務所ロイヤーズ・ハイでは債務整理について経験豊富な弁護士が在籍しています。借金についてお困りの方は当事務所の弁護士に相談することをお勧めします。

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中