大阪・難波・堺で、債務整理・借金問題に強い弁護士をお探しなら、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイまでお気軽にご相談ください。

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

はじめに

 この記事では、任意整理についてよくある質問について回答していきます。
 

Q&A

Q任意整理とはどのような手続きですか?

 A任意整理は、債務者と債権者が、借金の返済方法や返済額について交渉をして、支払いができるような条件での合意をする手続きをいいます。
 債務整理には、自己破産、個人再生、任意整理があります。自己破産と個人再生は裁判所に申し立てる手続で、一方、任意整理は裁判所に申し立てることなく債権者と交渉を行う手続きという点で違いがあります。

Q任意整理をするといつまで返済しなければなりませんか?

 A返済期間は原則として3年(36カ月)と言われています。
 一般的に、返済期間は原則として3年ですが、債権者との交渉により行うので、返済期間を4年や5年に延ばせる場合があります。
 債務者として長い期間で払いたいと考える一方、債権者としては早く返済してほしいと缶がるのが通常です。例えば、借入期間が短かったり、額が少額の場合には、債権者としては短い期間での支払いを求めてくることがありますが、借金の残高が大きい場合には債権者としては多くの額を回収したいと思うので長期間での支払いに応じることがあります。

Q任意整理にはどのくらいの期間がかかりますか?

 A任意整理には平均して3カ月程度の時間がかかります。
 任意整理は、裁判所を利用せずに交渉により債務を整理する方法なので、比較的短期間で終えることができますが、債権額が確定しないなどの理由により任意交渉の期間が延びる場合もあります。

Q任意整理は自分でできますか?

 A自分で交渉することは可能です。
 任意整理は、債務者と債権者の交渉により行う手続きなので、自分自身で債権者と交渉することは可能です。もっとも、自分自身で行うと想定していたよりも時間がかかったり、感情的になって交渉が上手くいかなかったり、相手方の不利な要求に応じてしまうおそれがあるので、弁護士に依頼することをお勧めします。

Q任意整理は家族に内緒でできますか?

 A家族に内緒で任意整理を行うことは可能です。
 任意整理は、債務者と債権者の交渉により行うので、家族に知られずに行うことは可能です。一方、自己破産や民事再生の場合、申立てのための資料の収集を家族に協力してもらう場合があり、また、自己破産では財産を処分されることもあるので、家族に知られる可能性が高いです。

Q任意整理をするとカードの利用や借り入れはできなくなりますか?

 A任意整理の対象の会社のカードは使えなくなり、借入もできなくなります。
 任意整理を行うと、信用情報機関に情報が登録され(いわゆるブラックリスト)新たにカードの利用や借入ができなくなります。信用情報機関に登録される期間は約5年程度とされていますが、5年経過したとしてカードの利用や借入ができるかどうかは金融機関によって異なります。

Q任意整理に適する場合とはどのような場合ですか?

 Aまず、36か月で借金を返済できるかどうかによることになります。
 借金の総額を本人の可処分所得で割った数字が36よりも小さい場合には、月々一定額を債権者に対し支払うことができるので任意整理が適することになります。
 一方、36より大きい場合には、法律上支払不能として自己破産や個人再生の要件を満たすので、任意整理よりも自己破産や個人再生の方が適することになります。

Q任意整理をする場合借り入れ先は選べますか?

 A一部の債権者を対象とすることはできます。
 自己破産や個人再生は法的手続きなので、すべての債権者を対象とすることができますが、任意整理は、法的手続きではないので、一部の債権者を対象として行うことができます。自己破産や個人再生の場合、家や自動車をローンで購入していれば、全債権者が対象となるので処分しなければならないところ、任意整理の場合、ローン会社を避けて債務整理を行うことができます。

Q過払い金の返還はできますか?

 A利息制限法以上の取引がなされている場合には、過払金の返還ができる場合があります。
 任意整理をする場合、債権者の方から取引履歴の開示を受けます。取引履歴から利息制限法以上の返済がなされているときには、利息制限法に基づく引き直し計算により過払金の返還を請求できる場合があります。

Q任意整理後の返済はどうなりますか?

 A任意整理の和解に基づき月々返済していくことになります。
 任意整理後には、原則3年間で和解契約に従って一定額を債権者に対し、支払っていくことになります。任意整理後、計画通りに支払わない場合には任意整理自体意味がなくなるので、毎月支払えるように生活をする必要があります。
 

おわりに

 任意整理によくある質問についてお答えしました。上で挙げたもの以外にも質問がある方は弁護士に相談することをお勧めします。
 法律事務所ロイヤーズ・ハイでは、債務整理について経験豊富な弁護士が在籍しております。借金についてお困りの方は当事務所の弁護士に相談することをお勧めします。

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中